荻野宏の突撃インタビュー第四弾『きまぐれオレンジ☆ロード』でおなじみの「まつもと泉」先生インタビューを公開しました。

オレンジロード  20140525

高校卒業後、ロックミュージシャンを目指して上京する。パートはドラムス。無類のロック好きで、シンガーソングライターの杉真理、ジェネシス、TOTOの大ファンである。
しかし、楽譜が読めなかったこともあってミュージシャンは断念し、デザイン専門学校に入学。
専門学校在学中、高校時代の友人と2人で漫画作品を描き、いくつかの出版社に“持ち込み”をした結果、集英社「週刊少年ジャンプ」編集部の高橋俊昌(初代担当編集者)に認められ、本格的にデビューへの道を歩み出す。実は1980年代当初、硬派・劇画・スポーツ・ギャグを主軸としていたジャンプでは、売り上げの減少を食い止めるために他誌で人気を博していたラブコメと美少女キャラの要素を取り入れる方向で模索していた。ちょうどその路線に合致するまつもとの絵柄を気に入り担当となった高橋とともに、その後は連載企画を練って打ち合わせを続けつつ、原稿が落ちた『ストップ!! ひばりくん!』(江口寿史)の穴埋め短編漫画や懸賞ページのイラストなどを描いていたが、友人は連載デビューまでの年間のギャラが数万円という経済状況に耐えきれず脱落。以降はひとりで活動を続ける。
1984年から「きまぐれオレンジ☆ロード」の連載を開始。瞬く間に人気作品となる。ちば拓や桂正和とともにジャンプでのラブコメ、美少女路線を開拓。読者アンケートでは10代を中心に男女共にバランスの良い人気を集めた。

本名:寺島 一弥(てらしまかずや)

生年月日:1958年10月13日

出典:Wikipedia