荻野宏の突撃インタビュー第七弾「おおすみ正秋」監督UP致しました。

http://oggipictures.jp/category/10interview

おおすみ 正秋(-まさあき、1934年 – )は、日本の演出家・映画監督である。旧表記・本名大隅- (読みは同じ)。兵庫県出身。東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻修士課程修了。東京工科大学片柳研究所クリエイティブアドバイザー。

IMG00556-2

1934年(昭和9年)、兵庫県に生まれる。

兄とともに人形劇団「神戸人形芸術劇場」を主宰。人形劇の「ひとみ座」出身者の藤岡豊らが結成した東京ムービー(現トムス・エンタテインメント)に参加してからはアニメの演出を手がけるようになり、その初期に活躍した。

1971年(昭和46年)、後述する様々な問題のためにテレビアニメ『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』以降は東京ムービーと疎遠になる。日本テレビ動画の『アニメドキュメント ミュンヘンへの道』(1972年)、日本サンライズの『ラ・セーヌの星』(1975年)、『ろぼっ子ビートン』(1976年 – 1977年)、NHK『子鹿物語』(1983年)、劇場用アニメ映画『走れメロス』(1992年)なども手がけた。一方、『劇団飛行船』などで、「マスクプレイミュージカル」と称する着ぐるみミュージカルなども手がけている。

2003年(平成15年)、東京工科大学に新設された大学院メディア学研究科メディア学専攻(現・バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻)修士課程(現・博士前期課程)に、漫画家で『ルパン三世』原作者のモンキー・パンチとともに入学、コンピューターアニメーションを研究する。2005年(平成18年)、同課程を修了し、同年、同大学の片柳研究所のクリエイティブアドバイザーに就任した。

出典:Wikipedia