高校生のころに描いた作品「冒険記」を先生自ら紹介いただきました

松本零士「冒険記」高校生当時の作品を紹介 松本零士「冒険記」高校生当時の作品

「冒険記」には奥付もちゃんとあります

松本零士「冒険記」奥付 昭和29年5月17日発行、著者はもちろん松本先生です。しかし、当時の百万円は今でいうといくらになるのでしょう。

小学生のころに描いて保存版として製本したのがこの4冊

松本零士、小学生時代の4冊の作品 小学生時代に初めて長編漫画を書いた頃の作品です。松本零士の原点の作品であることは間違いないでしょう。
原稿が古くなって保存が難しくなったので、製本して保存版としてつくったのがこの4冊とのことです。
サイズは新書サイズで、ページ数は20ページ前後と少ないですが、これを小学生時代に描かれていたということには驚きです。