himiko

『ヒミコ』

2004年運航スタート
浅草・お台場直通ライン専用。
漫画家松本零士に船内デザインなど依頼。船内放送は『銀河鉄道999』の声優を起用してる。
定員160人

漫画・アニメ界の巨匠・松本零士氏がデザインした宇宙船のような「ヒミコ」が、2004年3月26日から浅草〜お台場間を運航しています。
「ヒミコ」は、松本零士氏が「ティアドロップ(涙滴)」をイメージ・コンセプトに、「子供たちが乗ってみたいと思ってくれる船」として、デザインを手がけられました。また、船内では同氏の代表作「銀河鉄道999」のキャラクターたちを船内放送に起用して、星野鉄郎、メーテル、車掌さんと一緒に旅しているような体験をお楽しみいただけます。
Newly constructed Water Bus “Himiko” Produced by Mr. Leiji Matsumoto,one of the best renowned Japanese cartoonists, now runs from Asakusa to Odaiba Seaside Park, to Toyosu and then back to Asakusa.
“Himiko” is a completely unique water bus with its streamline shaped body with 3D windows. Mr. Matsumoto designed based on its concepts, “the image of teardrop” and “the ship appealing to children.” During the daytime the futuristic ship runs through old Edo and modern Tokyo while enjoying 360-degree panoramic view. At night the floor panels are lit up and emphasize the ship’s sophisticated design. “Himiko” is named after Queen Himiko who was the first recognized independent lady in Japanese history.

hotaruna

『ホタルナ』

2012年 運航スタート
浅草・お台場直通ライン専用。
松本零士デザイン。
定員261人

「HOTALUNA」は、松本零士氏プロデュースの近未来的で斬新なフォルムのメガクルーザー 空間インテリアには、数々の建築受賞歴を誇る永山祐子氏が担当、屋上ルーフデッキから風を感じながら東京湾の景色が一望できます。夕方から夜になるにつれて、後方部の窓ガラスから淡い光が放たれ、その光がまるでホタルのように照らします。松本零士氏が名づけ親である船名のホタルナは、(月の女神/LUNA <ラテン語> )「ホタル月」という、新たなる旅立ちとして思いが込められた船名です。
*Hotaluna* has been introduced, with a spaceship-like design, silver metallic sleek body ending with a gullwing. With the addition of a roof deck you can enjoy the scenery from both inside and outside the boat. From evening to night a pale light will be emitted from the back of the boat giving a *firefly effect*. The name *Hotaluna* was given by Leiji Matsumoto after the Latin goddess of the moon *luna* and *Hotalu* after the firefly. By giving the ship this name Mastsumoto hopes that many new voyage will begin.

アクセス

東京都観光汽船㈱

〒111-0033
住所:東京都台東区花川戸1丁目1番1号
TEL:0120-977-3110120-977-311
URL:
http://www.suijobus.co.jp/

東京メトロ銀座線 浅草駅:徒歩1分
http://www.suijobus.co.jp/cruise/