松本零士とクラウス・ベッシュ氏によるサンドアートコラボが実現!

日本漫画界の巨匠:松本零士氏 背景画デザイン・監修(作画:増永計介氏)・サンドピクチャー作家:クラウス・ベッシュ氏作による国境を超えた奇跡のコラボ作品。世代を超え、この作品を手に取ったすべての人々を魅了する壮大な作品がついに完成。

創造と破壊を繰り返す松本先生の宇宙観に共感したクラウス・ベッシュ(サンドマン)が、見事な砂のブレンドでこの大迫力の絵の魅力を最大限に引き出しています。

 

『松本零士からメッセージ』

サンドピクチャーを愛する皆さんと同様に、私が心惹かれたのはこのアートが
砂と水、そして空気で創り出す“一期一会の芸術”であるということです。
また、アートでありながら比重の違う砂をブレンドする事によってその表情が変わる
というのは、私の科学的な好奇心をくすぐられずにはいられません。
私の作品世界に登場する異次元宇宙を背景にして、遠く海を越えてクラウス・ベッシュ氏
が創りあげたこの作品に大満足しています。

                       (原画イラスト)

 

クラウス・ベッシュ氏からのメッセージ
私は子供の頃から宇宙を舞台にしたアニメや映画を見て育ちました。
無限に広がる宇宙の壮大さと、神秘的な空間は私が作るサンドピクチャーの原点
とも言えます。松本零士先生の描く宇宙はダイナミックかつ繊細で、見るものを魅了します。私もまた「Matsumoto Space」に魅了された一人です。
日本漫画界の巨匠とコラボレーションできたことは、この上ない喜びです。
松本ファン、サンドピクチャーファンの双方から愛される作品に仕上がったと
思っています。

          (サンドアートの完成品)

IMG01403

 

『サンドピクチャーとは?』
密封された2枚のガラス板の間で、水・空気・比重の異なる砂が自由に動き回る事で砂丘や山のように様々な情景を描き出すアート作品です。
最大の特徴は二度と同じ絵が見れらないこと。毎回描かれる絵は、微妙な空気の量、砂の落ち方によって決められるのです。まさに「一期一会の芸術」です。

 

『サンドピクチャー Galaxy ZERO』の動画はこちらでご覧になれます。
 https://www.youtube.com/watch?v=17k51AttER8

◆ W4(Sサイズ) サンドピクチャー◆『Galaxy ZERO-零-(ギャラクシーゼロ)』

『松本零士オフィシャルECサイト」はこちらから

https://www.leijimatsumoto.jp/shop/productplanning/sandpic.html

 

 『サンドピクチャー作者』
Klaus Boesch オーストリアの鬼才、クラウス・ベッシュ人は彼を『サンドマン』と呼ぶ。永遠に躍動するランドスケープを自然のエネルギーとファンタジーで
表現する『サンドピクチャー・アーティスト。』

1990年スイスのウイル展覧会で初めて作品を発表以来、サンドピクチャーの第一人者として確固たる評価を得ている。

 

 

サンドピクチャー販売店-Sand Picture Gallery Japan
サンドピクチャー日本総代理店 日成貿易株式会社
http://www.nisseico.jp/